グレア現象

グレア現象 - レーシックの代表的な合併症

グレア現象

レーシックの手術を受けた後に出てくる症状のひとつに「グレア現象」があります。これは光が手術を受ける前よりもずっとまぶしく見えてしまう現象です。また、「ぎらぎらした筋が広がるような見え方をする」といった声も聞かれます。レーシックの手術では、レーザーを使って角膜の表面を削ることで視力を矯正するのですが、レーザーを照射した部分としていない部分との境目の部分で光が乱屈折してしまうことや、瞳孔が暗いところでより多くの光を吸収しようと必要以上に大きくなるために起こる症状です。このグレア現象もハロー現象と同じく、レーシックの手術後しばらくすれば自然に症状が治まるようです。これは削られた角膜の表面が自然に回復してくるためです。しかし、かなり重度の近視を矯正して視力をよくした場合など、角膜にかなりの負担をかけることによってその回復が不十分となり、後遺症として治らずに残ってしまうこともあります。確率としてはかなり低いようですが、視力がかなり悪い方は、手術を受ける前に医師に十分な相談をしておいたほうがいいかと思います。視力の矯正度合を無理のない程度に抑えることも必要になるかもしれません。

 

夜間の運転は危険

ハロー現象と同じく、夜の時間帯は車の運転をひかえたほうがよいと思われます。なぜなら、対向車のライトが異常にまぶしく見えてしまうことがあるからです。そのため、十分な視界を確保することが難しくなり、交通事故を起こす原因ともなりかねません。仕事の都合などで夜間にどうしても車を運転しなければならないといった事情がある場合は、手術を受ける前に医師に十分な相談をしたうえで判断したほうがいいと思います。手術を受ける前にはいくつもの種類の目の検査を行ないますが、その中に暗所瞳孔径の検査もあります。その結果によってグレア現象が起こる可能性が高いと判断された場合は、手術の中止をも考えるべきではないかと思います。いずれにしても、そのような正しい判断と助言をして下さる医師のいる医療機関を選ぶことが大切でしょう。


ホーム サイトマップ