ハロー現象

ハロー現象 - レーシックの代表的な合併症

ハロー現象

レーシックの手術を受けた後、ハロー現象といわれる症状が起こることがあります。これは光がぼんやりとぼやけたり、にじんで広がって見える、また、物のまわりがぼんやりとなって見える現象です。これはドライアイと同様にかなり高い割合で起こる症状です。ただ、しばらくはそのような状態が続きますが、ほとんどの方はおよそ3ヶ月から6か月、長く症状が続く方でも1年以内には症状がおさまります。この症状が出る原因ですが、フラップを作る際に角膜を削るのですが、削った部分と削らなかった部分との境目ができるため、その部分で屈折率が微妙な変化をすることによってそのような症状が起こるものとされています。手術後しばらくはその部分に違和感が生じるためこのハロー現象が起こりますが、時間が経過してその部分が自然におちついてくることにともなって、この症状もなくなってきます。ただ、この症状は先に述べたとおり3ヶ月から1年以内には自然に治るのですが、まれにそれ以降もずっと後遺症として残ってしまう方もいるようです。

日常生活に支障はあるか?

手術後しばらくはこの症状が続くのですが、日常生活にはさほど支障はないものと思われます。ただ、夜に自動車などを運転する際に、対向車のライトがまぶしく見えるためにその周りがよく見えなくなるといったことが起こりえます。また、信号機を見る時なども、二重に見えたりすることもあるようです。さすがに色の識別ができなくなるといったことはありませんが、通常とは違った感覚になるものと思われます。そのような感覚になる方は、安全確保のためにも、ハロー現象が起こる間は夜の時間に車を運転することはできるだけ控えるようにしましょう。また、室内で蛍光灯や電灯を見たときにもそのまわりにぼんやりとした輪のようなものが見えることもあります。特に疲れ目の自覚がある時などは、そのぼやけかたが一層ひどくなるようです。夜間に車の運転をすることがどうしても必要になるといった方は、手術を受ける前に医師に十分な相談をしておいたほうがいいでしょう。

ホーム サイトマップ