感染症

感染症 - レーシックの代表的な合併症

感染症

レーシックの手術で感染症にかかることがあります。新聞などで大きく報道されたこともあり、ご存知の方も多いものと思いますが、東京の銀座眼科でレーシック手術を受けた患者の多くが感染性角膜炎にかかってしまいました。そのニュースによって、レーシック手術を受けることをとりやめたり、ちゅうちょしてしまった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。この感染性角膜炎をはじめとする角膜感染症ですが、角膜に細菌やウィルスなどが侵入して繁殖することによって起こります。通常は簡単にそのような状態になることはありません。健康な眼球・角膜であれば、異物が入っても涙で洗い流しますし、細菌等も同時に涙の成分によって消毒されることになります。しかし、何らかの原因で角膜上に傷がついてしまうと、そこから細菌やウイルスが侵入してしまい、感染症を起こす原因となります。汚れたコンタクトレンズを長く装着するなどによって、角膜に傷がつき感染症の原因となることなどはよく知られています。

なぜ感染症が起こるのか

では、レーシックの手術で感染症が起こるのはなぜでしょう。実のところこれは、その手術を行なう医師や医療期間に問題があることが多いのです。レーシックは角膜をレーザー照射によって削ることで視力を矯正する手術ですが、医療機関によってはレーザーではなく、マイクロケラトームという器具を使って角膜を切る方法をとるところもあります。そこで手術後にフラップがずれてしまったり、その器具の滅菌消毒が不十分になっている場合などに、細菌やウイルスの侵入を許してしまうことがあるのです。レーザー照射による手術を行なう医療機関にくらべて、その感染症のリスクは高くなるものと考えたほうがいいかもしれません。

どんな症状が起こるのか

角膜感染症にかかると、目の痛み、かゆみが起こり、涙が止まらない、目やにが増える、目がいつもごろごろするなどの異物感がある、充血がひどい、角膜が白くにごる、視力の低下などの症状が表れます。これらは自然には治りませんので、医師の治療を受ける必要があります。放置せず、早急に治療を受けないと、症状はより悪化を続け、最悪のケースでは失明に至ることもあります。レーシックの手術を受けるにはくれぐれも信頼できる医療機関を選ぶようにしましょう。

ホーム サイトマップ