レーシック難民とは?

レーシック難民とは? - レーシック難民について

レーシック難民とは?

レーシック難民という言葉があります。レーシックの手術を受けた後、目や体に何らかの異常が起こったり症状が出ているのに、それらに対する適切な治療を受けることができないままになっている方たちのことをいいます。以前は銀座眼科で起こった角膜炎の問題などが取りざたされたこともありますが、最近はレーザーによる手術方法をはじめ、医療技術の進歩によって、大きなトラブルはほとんどないといえます。しかし、それら以外で増加しているのが、新しいタイプのトラブルで、それらは検査のデータには表れないものです。具体的には、目が疲れやすくなった、目の疲れや不調が原因で頭痛が起こる、目がすぐに乾くようになった、しょぼしょぼするなどの異物感がある、ドライアイがいつまでも治らない、などです。症状はあるのだが検査をしても数値には出てこない、そのような状態で、医療機関としても手の施しようがないといったものです。目薬などの対症療法をとるしか方法がないといえます。

レーシック難民が生まれる原因

そのレーシック難民が生まれる原因としては、手術によって視力が回復して裸眼で遠方が見えるようになればそれで手術は成功であると考えている医師と患者が多いことがあげられます。視力がよくなればそれでいいというわけではありません。遠くを見る視力が1.5になったとしても、本や新聞を読むなど近くのものを見ることに支障が出るといったことでは手術が成功したとはいえません。たとえばレーシックを受けておらず、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正して生活している方は経験があると思うのですが、メガネを作ったりコンタクトレンズを処方する際に、1.5の視力に合わせていなかったのではないですか。視力をそこまで高くするとそのために頭痛が起こるなどの問題が出るからです。体に無理のない範囲でできるだけ視力を上げるという観点で1.0であるとかそれに近い程度にとどめている方が多いのではないかと思います。レーシックの場合、何がなんでも1.5の視力に、といった風潮があるのは事実です。視力が0.7や0.8の方が1.5にするのと、0.1をきる方が1.5にするのとでは体への負担がまったく違います。そのあたりを手術前に医師とよく相談するべきだと思います。

尚、現在最もレーシック難民になる確率が低いと言われているのは、日本の厚生労働省が唯一認めているアイレーシックです。アイレーシックに興味のある方は以下のサイトを参照ください。

アイレーシックまるわかり

ホーム サイトマップ