なぜレーシック難民が増えているのか?

なぜレーシック難民が増えているのか? - レーシック難民について

なぜレーシック難民が増えているのか?

レーシック難民が増えている背景には、?医療機関の姿勢がいちばんにあげられるといっていいでしょう。まず、レーシックを大々的にうたって患者を集める「チェーン展開」に近いことをする眼科などに目立つのですが、安い料金で多くの症例を誇るところは避けたほうがいいのでは、と思います。なぜなら、多数の手術をするために受診した患者とのコミュニケーションが不十分になりがちだからです。画一的な検査によって出されたデータのみをもとに手術を行ない、なぜ視力矯正が必要なのかなどの目的を十分に把握せず、「視力1.5に矯正することに成功した」とその視力回復の数値だけを追い求めるからです。

そのため、1人の患者にかけるカウンセリングなどの時間が大幅に削られ、検査と手術の繰り返しのみになりがちなのです。また、多数の患者に手術を行なうため、医師の人数もより多く確保することが必要なのですが、中には技術的に未熟な医師が混じっている可能性も否定できません。執刀経験が豊富なベテラン医師もいれば、経験が浅い医師もいます。通常はベテラン医師の指導のもとで若手の医師が執刀経験を積んでいくことが常識になっているのですが、方法だけを教わって、若い未熟な医師が単独で手術を行なうことも少なくはありません。知識はあるが、経験に乏しい、そのような医師が多いのです。

また、手術を受ける患者の側も、「何がなんでも1.5に」といった強いこだわりを持つ方が多いことも原因のひとつにあがります。1.5に矯正することで遠くがよく見えるようになったのはいいのだけど、逆に近くのものがぼやけて見えにくくなってしまったといった例も多くあります。

いわゆる「遠視」の状態ですね。コンタクトレンズやメガネでの矯正であれば、度数が強すぎるものであれば交換するなどで簡単に対応が可能ですが、レーシックの手術による矯正をした後にそのようなことになるのであれば、今度は遠視を矯正する手術をするか、あるいは遠視用のメガネ、たとえば老眼鏡のようなものを使うか、そういった方法しかとれないのです。レーシックの手術においてまず必要なのは、良心的な医療機関を探すことだといえます。

ホーム サイトマップ